会社沿革

1971.07 資本金100万円にて大阪フォーミング株式会社を設立。
1973.08 資本金を800万円に増資。
1974.08 圧造工場を立ち上げる。
ステンレスナットの製造・販売を始める。(サイズ:M3〜M5)
1975.03 ステンレス製のフランジナットの製造・販売を始める。(サイズ:M3〜M8)
1978.03 チェンローラーの製造・販売を始める。
1981.10 スパンクナット(ブラインドナット)の製造・販売を始める。(サイズ:M3〜M10)
1988.03 コンピューターによる金型の寿命管理を行うと共に、業務の構造改善を推進。
1993.03 私の秘書(ねじ工場向け基幹業務システム)の開発・販売を始める。
1993.08 Mプロジェクト事業部(コンピュータシステムの開発部門)を開設。
(ねじ業界に特化したシステムの提案と開発を主体にした部隊)
1994.05 まいへるぱー(群管理システム)の開発・販売を始める。
(製造現場の今をリアルタイムに管理するシステム)
1995.08 資本金を1,000万円に増資。
1996.07 ホームページを開設。
1996.12 ステンレス製の四角溶接ナットの製造・販売を始める。(サイズ:M4〜M10)
1997.01 検太(検査成績表作成システム)の開発・販売を始める。
1999.11 ステンレス製スパンクナット(ブラインドナット)の圧造品の製造・販売を始める。
2001.11 チタン製フランジナットの製造・販売を始める。(サイズ:M3〜M8)
チタン製四角溶接ナットの製造・販売を始める。(サイズ:M4〜M10)
2001.12 WEBカメラによる遠隔監視システムの開発・販売を始める。
2004.04 ステンレス製フランジ付きナイロンナット「フニロン」の製造・販売を始める。
2005.10 生産設備の増設を行う。
2005.11 生産設備の増設を行う。
2006.04 ISO9001:2000の認証を取得する。
2006.08 生産設備の増設を行う。
2006.11 生産設備の増設を行う。
2007.06 ホームページのリニューアルを行う。
2007.07 社屋を増築する。
2007.08 ステンレス製フランジナットにM10をラインナップに加える。
2008.01 生産設備の増設を行う。
2009.11 完全ゆるみ止め機能を備えたエキセントリックナット「ET」の特許を取得する。
2010.05 生産設備の増設を行う。
2010.06 生産設備の増設を行う。
2010.06 ゆるみ止めナット「E-LOCK」の製造・販売を始める。(サイズ:M5〜M12)
2010.07 生産設備の増設を行う。
2010.08 ステンレス製フランジナットにM12をラインナップに加える。
2010.12 ゆるみ止めナット「E-LOCK」の実用新案を取得する。
2011.10 生産設備の増設を行う。
2012.02 ゆるみ止めナット【E-LOCK】シリーズとしてLINEUPを豊富に取り揃えました。
・六角タイプ・フランジタイプ・溶接ナットタイプ・ブラインドナットタイプ
・キャップ付六角タイプ・キャップ付フランジタイプ
2012.08 ステンレス製四角溶接ナット1D型のパイロット付をラインナップに加える。
2012.11 「大阪ものづくり優良企業賞2012」を受賞。
(大阪中小企業顕彰事業実行委員会様主催)
2013.01 「2012年 “超”モノづくり部品大賞」機械部品賞を受賞。
(日本モノづくり会議様、日刊工業新聞社様主催)
2013.01 ゆるみ止めナット「E-LOCK SMART NUT]の製造・販売を始める。(受注生産)
2013.04 ゆるみ止めナット「E-LOCK SMART NUT」の実用新案を取得する。
2013.12 ニュービジネス助成金において「地域おこし優秀賞」を受賞。
(池田泉州銀行様主催)
2014.03 付帯設備の増強を行う。
2014.05 生産設備の増設を行う。
2015.01 関西ものづくり新撰2015に選定。
(経済産業省 近畿経済産業局様主催)
2015.12 ゆるみ止めナット「E-LOCK Bearing]の製造・販売を始める。(受注生産)
2016.03 ゆるみ止めナット「SMART CLIP」の特許を取得する。
2016.05 自動選別機の設備を行う。
2016.07 付帯設備および生産設備の増設を行う。
2016.08 ゆるみ止めナット「E-LOCK NUT・SMART NUT」のリング構造の特許を取得する。
2016.12 生産設備の増設を行う。
2017.01 自動選別機の増設を行う。
2017.03 ユンカー式振動試験機の設備を行う。
2017.06 自動選別機の増設を行う。
2017.08 画像寸法測定器の設備を行う。